心身症で悩む貴方に朗報【ストレスに強くなれば問題解決】

先生

メンタル面の治療

悩み

原因不明の肉体的な症状が現れてくるのが心身症の特徴です。胃の痛みや下痢、頭痛といった症状が見られても、背景にある心の問題に気づいていないのが心身症の典型的なパターンと言えます。本人が抱えている心の問題やストレスを自覚していない場合には、治療のアプローチも難しくなるのが常です。一般の内科ではこのような心身症に対応しきれないことから、現在では心療内科や精神科といった診療科に人気が集まっています。特に心療内科では専門の心療内科医がカウンセリングなどを通じて心身症が起こっている背景を探っていくのが一般的です。ですので場合によっては明確な原因が掴めることもあります。心身症に陥りやすい方は概して我慢強い傾向があります。悩みやストレスに知らず知らずのうちに耐えてしまうことが多く、溜めこんだ精神的な負担が肉体的な症状として現れてくるのが厄介な点です。心身症の治療では、抱えている精神的な問題を洗い出すことがまずは重視されます。家庭や仕事、学校といった日常生活の場面で原因となりそうなことを探っていくことが一つのアプローチ法です。時に意外な所に原因が潜んでいることもあり、心療内科や精神科の専門治療は心身症を治す上で非常に意味のあるものとなります。こうしたことから、心身症の治療は心療内科や精神科で行なうのがベストというのが現在の認識です。医師の数も増えており、相談しやすい環境が徐々に整えられています。具体的な治療法が見つかることがこのような診療科の魅力です。

心身症の場合には、肉体的な問題がないことが診断の一つの条件となります。従って診断を受けるに当たっては、様々な検査を受けておくことが必要です。通常は肉体面の検査から診断がスタートされますが、時に十分な検査に対応していない医療機関もあります。こういった施設を受診した場合は要注意です。このようなケースを避けるためには、初診の段階で総合病院などの大きな医療機関を利用しておくことが一つのコツとなります。多方面から症状を診られる環境で、まずは総合的な体のチェックをすることがベストです。心身症は時に中年以降で発症することもあります。こういった時期には実際様々な病気のリスクが高くなるため、一層念入りに健康状態を調べることが重要です。ホルモンの値や血糖状態などを調べておくことで、他の病気の可能性を除外することが出来ます。また、必要と判断された場合にはがん検診や内視鏡検査などを受けておくことも大切なポイントです。早急に判断を下さないという姿勢が、病気の見逃しを防ぎます。そろそろ更年期にさしかかる世代の場合は、ホルモンバランスにも目を配る医療機関を選ぶことも一つの方法です。心身症の中でも習慣性の頭痛や腹痛、下痢などは稀にホルモンの変動が関わっていることがあります。女性の場合はめまいや動悸などが現れてくることも多く、慎重に診断が出来る医療機関を選ぶことが大切です。栄養状態のチェックも最近は行なわれるようになっていますので、毎日の食事の影響もチェック出来ます。