心身症で悩む貴方に朗報【ストレスに強くなれば問題解決】

病院

ストレスからくる病気

先生

「病は気から」と言われるように、ストレスの影響を受けてしまう病気はたくさんあります。特にホルモンや自律神経などがストレスを敏感に受けやすく、それらの機能が乱れてしまうと体に何らかの異常が出てくることがあります。それが病気に発展することもあり、これを心身症と呼びます。心身症は、精神的な症状ではなく、体に症状が出てしまうことを表します。代表的な病気には、胃が痛んだり下痢をしてしまう神経性胃炎や過敏性腸症候群などです。胃や腸は、食べ物を消化してスムーズに排出する役割があります。しかし、ストレスを強く受けてしまうことで、その役目がうまく果たせなくなることが多いのです。次に頭痛があり、これは頻繁に頭痛を起こしてしまう偏頭痛が当てはまります。いろいろな原因はあるものの、ストレスも大きく関わっていると言われています。そして、めまいが生じるメニエール病や蕁麻疹が長期間続いてしまう慢性蕁麻疹、女性は月経前症候群もその1つになります。このような心身症は、ストレス社会となっている現代ではその患者数も増えてきています。不快な症状に悩まされる人の一部は、原因がストレスということも案外多かったりします。それぞれの専門機関で受診した際は、医師からストレス解消や静養を勧められることも多いでしょう。本人が無理をして頑張っていても、体は嘘をつけないので限界のサインを出してしまっているのです。受験や仕事や人間関係などでより複雑さが増している中、ストレス性の病気は避けられない事態となっています。患者数のさらなる増加を予測して、医療機関でも心身症に対する治療に力が入れられるようになってきたのです。

心身症の治療は、体の部位別で診察される専門病院で一般的に行われます。まずは、症状を抑えていかないといけないので、正しく治療を受けていかなければいけません。しかし、心身症の特徴は、症状が治まるまでに時間がかかったり、再発しやすいところがあります。そのため、人によって完治の具合が違ってくるので、根気強く治療に向き合っていかなければいけません。また、これと同時に、精神科や心療内科で心のケアをしていくのもいいでしょう。主な原因がストレスなので、それを抱え込まない心にしていくためにも、こういった治療も効果が期待できます。特に、カウンセリングは会話だけでの治療となり、心理面で余裕が出てきます。心を穏やかにしていくことが、神経やホルモンに働きかけてくれるので、症状の回復の力にもなってくれます。人は、それぞれストレスに対する強さが違ってきます。ストレスに強い人もいれば弱い人もいるので、ストレスに強ければ心身症にはかかりにくくなるでしょう。弱い人は、ある程度ストレスを全部受けとめないような努力も必要です。考え方をプラスに変えていき、嫌なことがあってもそれを溜め込まずに発散させていく工夫も効果的です。このような努力次第で、心身症の症状をいくらか抑えていくことは可能です。まずは、心身症の症状が見られたら、早めに専門病院で治療をしてもらうことです。不快な症状を我慢していたら、それがさらにストレスになってしまうので悪循環です。症状を焦らず治していくようにし、ストレスの付き合い方も見直していかなければいけません。

心の体の病気について

先生

心身症は精神的なストレスや問題が身体的な症状として現れるのが特徴です。病気の幅は広く、元の性格によっても罹患しやすい心身症は変わってきます。今後は心身の状態を総合的に診る専門医のニーズが高まると予想されます。

詳細を確認する

どんな病気なのか

病院

心身症は、身体的な症状を主とするものですが、その原因が心理的なものにある病気のことを指します。現れてくる症状には個人差があり、実に様々な症状が存在しています。心理的な原因を取り除くことで、改善するのが一般的です。

詳細を確認する

メンタル面の治療

悩み

心身症は原因を本人も自覚していないことがあります。従って、様々な面から原因を探る心療内科や精神科は頼れる存在として人気です。心身症の治療を始める上では、十分な肉体面の検査を受けておくことが必要となります。

詳細を確認する